食べ物に注意

食べさせてはいけない物

犬も猫も食べさせてはいけない食べ物がある。

 

とりあえずキャットフードにも普通に含まれていたりするんだけれどもあまりよくないものの代表として穀物類がある。

 

これはちょっと以外だけど、グレインフリーという表記を見たことのある人もいるのではないでしょうか。

 

これこそが穀物のことをさしていて、実は猫の体はあまり穀物を消化するのに適していない体のつくりになっている。

 

なので最近のキャットフードはグレインフリーが安全性が高いものとして、それを表記しているのもたくさんあるのである。

 

 

で、これならまだ体に悪いというものなのですが、完全に毒になってしまう食べ物もある。

 

最も有名なところで玉ねぎやネギ。

 

猫の血液の赤血球を破壊する成分が含まれており、体に大ダメージを与えることになります。

 

猫にネギ類を与えることは絶対にやめましょう。

 

また、牛乳やチーズなどの乳製品も分解する力がないのでさけましょう。

 

ミルクを飲ませるシーンがよくありますが、あれは猫用のミルクなのです。

 

牛乳を直接あたえることはあまりおすすめできません。

 

 

あとはイカもビタミンB1欠乏症を引き起こすので厳禁です。

 

他にも刺激が強い香辛料や冷たい食べ物はお腹を壊したりする原因になります。

 

 

人間にとって美味しく体に良い食べ物でも、動物にとっていいとは限りません。

 

食事には十分に注意して健康に気を使ってあげましょう。