野良猫の生活

野良猫について考える

野良犬はほとんど見かけないが、野良猫はたくさん見かける。

 

元々の地元の実家でもあまり多くなかったが見かけたし、姿を見るだけで子供ながらにけっこうテンションは上がっていた記憶がある。

 

それで東京とかの都会に来てみると、そういうのは少ないのかなと思ったらまったくの逆で驚いた記憶がある。

 

 

東京とかのほうがはっきり言って野良猫は多かったように思える。

 

人もたくさんいるから住みにくいと言う訳ではなく、逆に餌となるものが多いから猫にとっては住みやすいのかもしれない。

 

猫は別に行動範囲が大きいわけでもないし、人が多かったりしても隙間を見つけて生活できる生きものだから逆にそれはそれでよかったのかもしれない。

 

 

また、地元の野良猫は近づくとすぐに逃げてしまう子がほとんどだったが、東京のほうだとけっこう人懐っこくて触っても逃げない猫も多い。

 

餌付けされている猫なんかだと人間に警戒心をほとんどいだいていないことも多い。

 

そういえば以前、近所のおばさんが野良猫にえさをやっていたんだけど、その猫はおばさんを見かけたら走って近寄っていっていた。

 

すごくかわいい。

 

野良猫が増えると迷惑がかかる人もいるようだけど、やっぱりうまく共存していける道を探していきたいところである。

 

TNRというものもあるのでそういうのがもっと世間に認知されて猫が安心して暮らしていけるような世界を作っていってほしい。